レストラン

敷地内別棟には世界各地でミシュランの星付きレストランを展開するデュカス・パリが監修する「ブノワ京都」が出店。旬の味わいを取り入れたモダンなビストロ料理をお楽しみいただきます。
ホテル内の朝食レストランでは、京都の食材を使った朝食をご用意しており、メインディッシュをお選びいただく洋食のハーフビュッフェスタイルで、さまざまなお食事をご提供いたします。

Benoit Kyoto

1912年、パリにオープンした「ブノワ」は、100年以上経つ現在も、温かく心地よいレストランとしてパリのお客様に愛されています。2005年よりデュカス・パリがこのビストロを受け継ぎ、伝統ある店に新風を吹き込むと同時に、そのエスプリを東京、ニューヨークにも広げました。そして2020年、京都にブノワが誕生します。古都京都にて、旬の味わいを取り入れたモダンなビストロ料理をお楽しみ頂きます。

建物のこだわり

現代的かつ日本的な建築に、日仏文化の出会いの場として、温かみのあるオーセンティックなパリのビストロを誕生させました。建築をそのまま活かしながら、伝統的なフランスのボワズリーを黒で仕上げた壁がキッチンを囲み、ダイニングへと広がるエントランスとカウンターを印象付けます。
ダイニングの家具やカウンター、バーカウンターはフランスの蚤の市で選んだアンティークをそのまま、または修復したものです。カール・ハンセンのチェアがコンテンポラリーな雰囲気を演出しています。

シェフの紹介

アントニー・バークル
ロワール地方ヴァンドーム生まれ。フランスの庭と称されるワイナリーや果樹園が広がる食材豊かな地で育ち、早くから料理人を志し、ミシュランの星付きレストランで修行を重ねる。その後、リヨンの2ツ星レストラン「アラン・シャペル」、パリの3ツ星「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」、そしてエッフェル塔内にある1ツ星「ジュール・ヴェルヌ」で経験を積み、デュカス・パリのレストラン「ル・コントワール・ド・ブノワ(大阪)」と「ブノワ ニューヨーク」でスーシェフを務めた。2018年アラン・デュカスのマカオのレストラン「ヴォワヤ―ジュ – アラン・デュカス・アット・モーフィアス」のシェフに就任。2020年春、「ブノワ 京都」のシェフに就任。

料理について

フランスの伝統的なビストロ料理をモダンに昇華させたメニューが並びます。ランチタイムは旬の食材を取り入れたメニューをプリフィックススタイルでご提供します。ディナータイムは、テーブルの皆様でシェアしてお楽しみいただけるオードブルメニューの他、ビストロの定番やコンテンポラリーな料理とデザートをアラカルトで選んでいただくスタイルです。

デュカス・パリとは

アラン・デュカスが1999年に設立したデュカス・パリは、オーセンティックなビストロやカジュアルなブラッスリーまで世界10ヵ国に約30のレストランを運営。また、フランスを中心としたヨーロッパのホテルが500軒以上加盟する「レ・コレクショヌール」、国際的な料理・製菓専門教育機関「ソメ・エデュカシオン」とのパートナーシップ、カカオ豆から作るショコラ工房「ル・ショコラ・アラン・デュカス」や、コーヒー豆から手作りするコーヒー専門店「ル・カフェ・アラン・デュカス」など、30年にわたって飲食サービスとホスピタリティ業界において様々なヴィジョンを展開しています。

朝食レストラン

ホテルゲストへ朝食を提供するレストラン。京都各地の風土に根ざし愛されてきた数々の食材を使用したビュッフェスタイルで、さまざまな味をお楽しみいただくお食事をご提供いたします。
かつて講堂であった天井の高さを活かし、開放的な空間で朝食をお楽しみいただきます。沢山の書籍に囲まれたインテリアは、かつての学校であった頃を彷彿とします。レストランとしてだけでなく、多目的スペースとして様々な用途にご利用いただけます。